1. ホーム
  2. TantCard 2
  3. 動画・機能説明
「たぁ〜んと」名刺をファイリング-TantCard 2-

「TantCard 2」がScanSnap対応致しました。カラーイメージスキャナ「ScanSnap」をご使用の場合は、初回に設定を行うと、2回目からはScanSnapのボタンを押すだけで、自動的に「TantCard 2」が起動し、文字認識が実行されるので、より便利に作業効率もアップ!

名刺画像取り込み・文字認識

富士ゼロックス製複合機やその他スキャナから名刺画像を取り込み、DocuWorks文書に変換することができます。名刺画像の文字認識(OCR)結果のリスト表示や、分割された名刺画像のプレビュー表示、文字認識結果リストの選択データを単票表示する事も可能です。

DocuWorks文書で保存

▲ 読み取った名刺画像をDocuWorks文書で保存

 
▲ 会社毎のフォルダーを作成して自動で振り分け保存   ▲ 名刺情報をDocuWorks文書に属性に付与

TantCardで作成した名刺データを簡単検索

登録した名刺データの文字認識結果、ファイル名、日付など様々なデータが検索対象となるので、登録した名刺をすぐに見つけ出すことができ、効率的な管理が実現します。検索結果は、『名刺一覧』画面で一覧表示されるので、検索結果をそのまま編集することも可能です。

名刺データの文字認識結果を後から簡単編集

登録した名刺データは『名刺一覧』画面で編集することができます。
編集したデータは、名刺DocuWorks文書のユーザー定義、OCR結果、リンクアノテーションボタンに反映されます。 また、部署の異動などの理由により変更になった名刺の画像を差替えることも可能です。

● アノテーション機能でオリジナル管理
DocuWorks Viewer コントロールを搭載したビューワーでは、名刺に付箋やアノテーションの貼り付けなどの操作を行うことも可能です。
  ● データチェック機能強化
これまでのデータチェック機能に加え、認識した名刺データが誤認識の可能性があるデータや必須項目が未入力の場合などで表示されるため、データ編集効率が大幅にアップします。
 
    ※ データチェックは、簡易的なチェックであり、精度は100%ではありません。

認識できなかった名刺もエリア指定で再認識

これまでは、背景色が濃い名刺や帯状のデザインが入った名刺などを正しく切り出すことができませんでしたが、TantCard 2では認識できなかった名刺をエリア指定し、再認識させることができます。
● 正しく切り出せなかった名刺画像
マウスポインタで名刺の頂点をクリックしてエリアを指定、複数の名刺も 選択可能です。
  ● 再認識結果と名刺画像

データ連携機能

登録された名刺データは、企業にとって貴重な財産です。データ連携機能ではこれらのデータを有効活用することができます。これまでのデータ連携機能に加え、PDF出力、サムネイル出力、名刺画像出力機能が新たに追加されました。
● テキスト出力
名刺データをCSV形式・タブ区切り形式で出力します。出力項目の並び順等の設定ができるので、年賀状ソフトなど様々なソフトとの連携が容易になります。
  ● vCard出力
名刺データをvCard3.0形式で出力します。
スマートフォンや携帯電話のアドレス帳への登録、年賀状ソフト、メールソフトのアドレス帳など様々なソフトとの連携をすることができます。
 
     
● QRコード表示/QRコード一括表示
QRコード対応のカメラ付き携帯電話を利用して、携帯電話のアドレス帳に名刺データの情報を登録することができます。
  ● PDF出力
登録されている名刺画像をPDF形式で出力します。クラウドサービスを利用して、スマートフォン上から閲覧できるようになります。
 
     
● サムネイル出力
登録されている名刺画像を等間隔に自動整列し、印刷用のDocuWorks文書を作成します。用紙サイズは、A4/縦・横、A3/縦・横の指定ができます。
  ● 名刺画像出力
登録されている名刺DocuWorks文書を、BMPやJPEG、TIFF形式で保存することができます。
 

リンク機能

保存されたDocuWorks文書にはリンクアノテーション機能が付与されます。TantCard 2では『名刺一覧』画面からも利用できるようになりました。
● URL
登録されているURLをWebブラウザで表示します。
  ● メール送信
登録されているメールアドレスをメールソフトのアドレス欄(TO)に転送して表示します。
 
     
● 地図
登録されている住所をGoogleマップで表示します。
  ● メール一括送信
登録されている複数のメールアドレスを一括でメールソフトのアドレス欄 (TO/CC/BCC)に転送して表示します。
   

スマートフォン対応

TantCard 2で登録した名刺データを、iPhone・Android上で閲覧することができます。外出先でも大量の名刺から簡単検索!
「TantCard for iPhone」詳細ページは こちら >>
「TantCard for Android」詳細ページは こちら >>

Docu助とデータベース連携

「TantCard 2」とデータベース型プラグインソフトウェア「Docu助」を使って、データベースと連携した本格的な名刺管理が可能です。
※ Docu助は(株)下田OAシステムのデータベース型プラグインソフトウェアです。こちらの機能を使うにはDocu助がインストールされている必要があります。



このページのトップへ