1. ホーム
  2. GIS関連

GIS関連

景観規制管理システム

建築物等に対し、景観形成に関する誘導内容を明確にするため、景観法に基づく景観計画を簡単にシミュレーションできるシステムです。景観の視点から、建築物の高さ、にぎわい創出、先進地区の取り組み、景観阻害要素の改善等について、都市計画の手法等を用いて景観誘導を支援し、景観形成を進めることができます。


人命救助システム

災害による犠牲者を一人でも少なくする為、災害時要援護者の情報を管理し救出体制を支援するシステムです。人命救助が必要な場所の情報を3次元GISを使用して、現況と全く同じ空間を生成し、地域に精通しない救助隊にも適切な位置案内ができます。


自治体公共管理システム

管理区域全域の詳細航空写真に高さデータを付加した立体地図をベースに、公共管理に必要な作業が現地へ行かずに把握できます。距離計測・面積計測・住所検索・公共物の把握・案内図等の出力・地番図、その他地図との合成・住民説明会など、多方面に活用できます。


眺望優良箇所調査システム

立体地図上から現地と同じ眺望画像を生成できます。指定位置からの眺望を把握することにより、遊歩道の計画や管理、展望台位置の検討、観光施設の計画、景観シミュレーション等に活用できます。景観地の画像出力や資料作成・案内看板にも利用できます。


道路施設管理システム

各種道路施設(橋梁・トンネル・照明灯・標識・緑花木など)の検索機能をはじめ、各種施設の属性及びデータベースを一元管理できます。さらにファイリング機能により、各種台帳図及び付属添付資料などを効率よく運用管理する事ができます。 将来的な道路施設の維持管理に高度利用できるシステムです。


森林管理システム

立体地図を利用することにより山の起伏、地形・木の種類を全体的に把握できます。森林基本図・森林計画図も航空写真に透過表示し管理できます。森林資源モニタリング調査データを取り込み一元管理できます。


街区基準点管理システム

街区基準点の点名・設置住所・種別検索機能をはじめ、基準点の成果表・履歴・点の記・網図・写真等の表示、出力を簡単な操作で行うことができます。よって街区基準点を利活用し、一元管理する事ができますので窓口業務での住民サービスの向上へもつながります。


いい日旅タッチ観光情報システム

ディスプレイを指でタッチするだけで操作ができるガイドブックに変わる次世代の観光情報システムです。高さ情報を持った三次元空間は誰にでも分かる写真を利用。施設案内・写真・映像などコンテンツ配信や、イベント・公共施設へのWEBアクセスも可能です。


都市映像データベース[Road Viewer]

「RoadViewer」とは街並みを撮影したシームレスな全周囲画像で、デジタルデータ化した位置情報を付与した映像コンテンツです。「RoadViewer」は実際の歩行者の目線に近い視点から、前後左右上下、あらゆる方向の映像をパソコン上で再生します。まるで360度の視野で実際に歩いているかのような映像を堪能でき、従来の地図の常識を大きく超えた3次元ムービーマップとして利用できます。

このページのトップへ